50歳からの資産運用 ファンド なぜエリートはファンドで運用するのか?医者や弁護士にヘッジファンドでの運用がオススメされる理由とは

なぜエリートはファンドで運用するのか?医者や弁護士にヘッジファンドでの運用がオススメされる理由とは

医者や弁護士といった、いわゆる「本業に忙しい高所得者層」の方は、ヘッジファンドに資金を預け入れることで資産運用をする方法がオススメです。
今回は高所得者の方々に共通する特徴や、そこからヘッジファンドでの運用がオススメとなる理由を解説していきます。

ファンド
最終更新日:2020年09月24日

 

お医者さんや弁護士などに代表されるような、本職の忙しい高所得者層の方は、どのように自分の資産を運用すると良いのでしょうか?

なお、当サイトでは、具体的な運用プランを検討するべく、様々な職業の方へのインタビュー記事を掲載していますが、これらのインタビューの中で、度々「高所得者の方々」と「ヘッジファンド」の相性の良さを挙げています。

職業別インタビュー記事
➡︎ 職業別おすすめの資産運用プランを考える – 医師の場合 –
➡︎ 職業別おすすめの資産運用プランを考える – 弁護士の場合 –
➡︎ 職業別おすすめの資産運用プランを考える – 公認会計士の場合 –

 

専門性があり高い所得を得ている方々には、以下のようなポイントが共通しています。

・本業が忙しく、運用に時間をかけることが出来ない
・収入が多いため、ある程度大きな額から運用を開始することができる
・基本的な収入が安定しているため、運用で大きく勝つ必要はない
・資産運用や金融に関しては専門的な知識がない

 

これら4つのポイントを押さえつつ、ヘッジファンドが適している理由について改めて解説していきたいと思います。

 

 

高所得者(エリート)にヘッジファンドが好まれる4つのポイント

運用に手間ひまが必要ない

医者や弁護士に代表されるように、専門性が高く多忙な職業の場合、仕事の合間を縫って自分で株価をチェックし、タイムリーに売り買いするのは至難の業です。

投資をするにしても、基本的には特定の商品を保有し、原則放置したい(長期保有するだけにしたい)と考えているはずです

 

そこで、勉強して知識を蓄え、自らの裁量により運用していくという選択肢が難しくなり、ヘッジファンドのように、他者に運用を丸投げするタイプの運用が現実的な選択肢となります。

 

 

大きい額を運用できる

運用額が大きいということは、第三者に運用を任せるにあたって非常に重要なポイントです

投資信託を購入するのであれば1万円程度からでも可能ですが、ヘッジファンドで運用する場合、100万円、200万円といった額では受け入れてもらえない現実があります。

 

一般的に、ヘッジファンドの最低出資額は、500-1,000万円です。このハードルを超えることができない多くの投資家にとってヘッジファンドは縁遠いものですが、反対に、資金さえ用意できるのであれば、最優先で検討したい運用の方法とも言えます。

 

資産運用に充てる額が大きいということは、運用を任せるにあたって大きなアドバンテージになります

反対に、まとまった資金(目安としては1,000万円)を運用できない人は、興味がある投資先があっても手を出すことができず、仕方なく投資信託などでの運用を選択するしかなくなってしまうのです。

 

 

安定して確実なパフォーマンスが期待できる

ヘッジファンドの場合、一般的な投資信託とは異なり、マーケットの動きと関係なく「常に利益を出す」よう工夫をしています

世の中の流れをよく見て、市場が良い時と悪い時とで戦略を変えているわけです。

 

一方、投資信託のようにマーケットのリスクを取った商品は、景気が良ければ大きく儲かって、景気が悪ければ大きく損をする、という特徴があります。

つまり、「いつ買って、いつ売るか」によってウマみが大きく変わるため、預ける側の目線からすると安定 しているとは言えません。

 

この為、医者や弁護士といった職業をされている方にありがちな

「放置しているだけで安定的に増やしたい」
「一度預け入れたら、長期的に運用を任せるつもりである」

という考え方の場合、ヘッジファンドに丸ごと任せてしまう方が、リスクが少なく安定した成果に直結しやすいのです。

 

 

投資や運用に関する専門知識が必要ない

投資信託の場合は、その投資信託の善し悪しを判断する必要がある上に、いつ買っていつ売るのかという面でも最低限の知識が必要になります。

 

ヘッジファンドの場合は、金融(資産運用)のプロが自社の投資戦略や運用の手法について丁寧に説明してくれます。「信頼できそうだな」と思えるファンドを見極めるだけで良いので、相手の話をきちんと理解できれば、金融的な専門知識はそこまで必要ありません。

 

医者や弁護士の方々は、元々の地頭が良く、例えば学生時代まで遡れば、優秀な人物とのネットワーク(人脈)にも恵まれているでしょう。

友人・知人に金融業界に詳しい人がいつのであれば、そういった方に相談してもよいかもしれません。

 

投資信託などは、特別専門性が高いわけでもない証券会社の窓口の営業員などが、商品ラインナップなどを説明してくれるだけなので、最終的な銘柄は自ら判断して選択する必要があります。

専門知識はなくとも、「頭の良さ」や「人脈」に長けた方にこそ、ヘッジファンドでの運用がオススメになるのです。

 

**************************

今回は、医者、弁護士といった高所得者層とヘッジファンドの相性の良さについて解説しました。

以下のページでは、様々なヘッジファンドを調査し、独自の評価を元に比較・紹介しています。ヘッジファンドに興味のある方々はぜひ参考にしてみて下さい。

▼おすすめファンドランキングはこちら