50歳からの資産運用 ファンド 地方では一流のサービスは受けられないのか?資産運用における情報格差の問題点を検証

地方では一流のサービスは受けられないのか?資産運用における情報格差の問題点を検証

地方に住んでいると、都会よりも情報が少ない分資産運用をするにあたって不利になるのではないか?
都心部と比較して地方在住の方が優れた資産運用を行うのは本当に難しいのか考えていきたいと思います。

ファンド
最終更新日:2017年06月25日

都会と地方の情報格差

地方に住んでいると、都心部よりも様々な情報が不足しているので、資産運用においても不利になってしまうのでしょうか?

地方に住みながら優れた資産運用をするには、どうすれば良いのでしょうか?

 

都会と地方とで情報量に差があるのは紛れもない事実です。

不動産にしろIT系にしろメーカーにしろ、その他様々な職種にしろ、大都市には「人」や「企業」が集まっており、それによって各分野における最新の情報が常にアップデートされ、ストックされていきます。

集積・蓄積してきた情報の差が、地方と都会とでは天と地ほどあります。

 

世界最先端のIT情報が欲しければシリコンバレーに行くべきでしょうし、IT企業として日本で結果を出したいのであれば東京に行くべきでしょう。地方都市を選択する理由はほとんど見当たりません。

 

 

資産運用における情報格差の意味

さて、このようにビジネス面において都会と地方とで情報面での有利不利が確実に存在していますが、一方で資産運用に関してはどうなのかと言うと、単純に「都会だから良い」というわけでもありません

それはどういうことでしょうか?

 

資産運用をするにあたって、都会に住んでいることが有利に働く点としては、良質な運用サービスを提供してくれる企業が”近く”に多数存在することが考えられます。

 

富裕層のみが加入することの出来る会員制の組織や、富裕層に向けて運用商品の斡旋事業を展開いている企業など、お金を持っている人を対象にしたサービスが溢れ返っているので、選択肢は非常に多く存在します。

これは一見すると、とても便利で有利なように感じます。

 

ただし、よくよく考察してみると、ここには「選択肢が多過ぎる」という致命的な問題点が潜んでいることが分かります。投資信託、保険、資産運用代行サービス、その他にも様々な商品やサービス。。。

 

運用に関する選択肢が多過ぎて、「結局何が正解なのか」がまるで分からないという状態に陥ってしまいがちです。結果的に、「もうよく分からないから良いや」と、投げやりに運用商品を選んでいる方もいらっしゃいます。

 

一方、地方は都会に比べ選択肢が多いとは言えません。日本全国、地方にまで展開しているサービスはごくごく一部でしょう。

 

ただし、ヘッジファンドのような”一流の運用サービス(金融商品)”は、地方であろうと都心部であろうと全国でサービスを展開し、場所に関係なく良質なサービスを提供しています

もちろん大手の金融機関などは全国でサービスを展開していますが、規模が大きくないのにも関わらず、全国に展開しているところは、地方都市であっても都心部と変わらない高い評価を受けるような高品質なサービスを提供している証と言えるでしょう。

 

むしろ地方に住んでることにより、安かろう悪かろうなサービスを目にしないですむという考えすらもあるかもしれません。

今はインターネットなどでも様々な情報にアクセスできる時代です。当サイトでも全国にサービス展開している優良なファンドを多数紹介しています。興味のある方は是非一度アクセス(問い合わせ)してみてください