第1位 BM CAPITAL

日本株を中心に運用する私募型ファンド。バリュー投資を主な戦略とし、一部アクティビスト的な動きも見せる。
リスクを抑えることを重視ているにも関わらず、、年20%超の実績を安定して残している。
超一流外資系投資銀行出身であるファンドマネージャの経歴も申し分なく、今後も安定したパフォーマンスが期待できる。

ファンド
最終更新日:2018年05月02日

BM CAPITAL(BMキャピタル)

 

概要

■ 名称:ビーエムキャピタルマネジメント合同会社

■ 英名:BM CAPITAL MANAGEMENT LLC

■ 所在地:〒106-0032 東京都港区六本木7-18-1

■ 電話番号:03-3403-2508

■ Email:[email protected]

■ 事業目的:
(1)金融商品取引法に基づく有価証券及びデリバティブ取引
(2)各種事業への投資
(3)有価証券の自己募集
(4)匿名組合、投資事業組合及び投資事業有限責任組合の組成及び管理
(5)経営コンサルティング業務
(6)前各号に附帯する一切の業務

■ URL:https://bmcapital.jp/bm/

 

サマリー

バリュー投資を運用の主戦略とし、リスクを最大限にヘッジ(最小化)することを第一にした運用を行なっている。実際、過去にマイナスになった年は無いという圧倒的な実績を誇り、安定的・安心の資産運用をしていることが伺える。

しかしながら、資産は横ばいということもなく、年平均20%超(最低でも10%超)のパフォーマンスを残しており、ここ3~4年で資産を2倍近くにしているという実績を誇る。

この背景としては、上場企業(3,500社以上)を正確にスクリーニングする独自のリサーチ能力に裏付けられているだけでなく、アクティビスト的に投資先の価値の向上に貢献している点などが要因として考えられる。

直接契約であり、証券会社などを介さないため不安に思う人もいるようだが、その分余計な仲介手数料がかかっておらず、コストも最小化されている。

安定した運用・長期投資という方針を元に、バリュー投資という王道の戦略を採用しており、投資初心者時間/手間をかけたくないという人にオススメ。

 

ポイント

☆ 設定以来、年平均20%超のパフォーマンス

☆ 資産を守る、リスクの最小化を最優先したバリュー投資

☆ 東大や外資系投資銀行出身の一流メンバー

 

総合評価:4.47

■ 運用年数:4.1
■ 安定性 :4.7
■ 収益性 :4.9
■ 将来性 :4.4
■ 流動性 :4.1
■ 信頼度 :4.6

 

 

︎➡︎ おすすめファンドランキングはこちら