50歳からの資産運用 資産運用 【まとめ】 ビットコインだけじゃない!様々な仮想通貨を一挙ご紹介

【まとめ】 ビットコインだけじゃない!様々な仮想通貨を一挙ご紹介

「ビットコインの売買で億万長者になったと!」いう話が出てくるなど、今、仮想通貨の世界ではビットコインが最も有名かと思います。
しかし、実はビットコイン以外にも、仮想通貨には様々な種類のものが存在します。
仮想通貨は、本当に億万長者の夢をかなえてくれるものなのでしょうか?
ここでは、仮想通貨にはどんな種類ものがあるのか見ていきたいと思います。

資産運用
最終更新日:2017年07月01日

 

 

様々な仮想通貨

ビットコインが非常に有名ですが、実は、仮想通貨にはそれ以外にも様々な種類があります。ここでは、様々な仮想通貨についてその概要を見ていきましょう。

 

Bitcoin(ビットコイン)

2008年に「サトシ・ナカモト」が論文発表したことに端を発する仮想通貨です。

各通貨をつなぐ「基軸通貨の役割」も果たしつつあるほか、「ブロックチェーン技術」が使われており、市場規模も169億ドルと圧倒的に大きくなっています。

 

Ripple(リップル)

「具体的にはマイニングに関するマシンパワーの問題や決済に時間がかかる」という、ビットコインの”課題”を解決した仮想通貨です。Googleが出資したことでも有名ですね。

 

Ethereum(イーサリアム)

分散型契約情報のプラットフォームを採用しています。ブロックチェーン技術を用いることで、例えば不動産登記情報など、これまで複雑だった契約情報をデジタル化できるメリットがあり、アセットを管理するためのプラットフォームとしても期待されています。

 

Factom(ファクトム)

文書管理プラットフォームです。例えば証券や医療などの各種書類を分散して管理でき、ブロックチェーン技術の不可逆性や改変不可と言う特徴を活かした、「データの証明書としての役割」が期待されている。

 

Monero(モネロ)

ビットコインとは異なるソースコードをもとにした仮想通貨です。ビットコインより匿名性が高いのが特徴です。モネロとはエスペラント語で「コイン」や「通貨」を意味します。

 

LISK(リスク)

分散型アプリケーションプラットフォーム「Lisk」内の通貨です。イーサリアムと似た仕組みとなっていますが、LISKはJavaScriptで開発することができます。

 

Augur(オーガー)

分散型オンライン賭け市場のプラットフォームです。ブロックチェーン技術により入出金の記録がデジタル化されていてオープンなため胴元などによる不正も起きにくく、透明性が高いという特徴があります。

 

Zcash(ジーキャッシュ)

取引を追跡できない完全な匿名性を実現しています。送金の記録を第三者に公開しなくても送金トランザクションの透明性を実現できる「ゼロ知識証明」技術が用いられています。

 

 

 

投資対象としての仮想通貨とは

仮想通貨は、「資産や文書の管理」「電子証明書」と言ったように、様々な分野での活躍が期待されていることが分かりました。

これらは“投資対象”としてはどういった特徴を持つのでしょうか?

 

一番市場規模の大きいビットコインの値動きについて見ていきましょう。

下図は、2017年5/22~5/28の1週間のビットコインの値動きです。

 

チャートを読み取り、高値と安値に関して確認すると以下の価格となっていることが分かります。

・5/25:343,611円
・5/27:221,877円

 

つまり、わずか2日間で約35%もの値下がりを記録しているのです

また、2017年1月の時点では100,000円前後で推移していたことを考えると、わずか5か月ほどで3倍以上になっていることが分かります。

 

ビットコインは変動幅が大きく、利益が出るときは大きいが、逆に損失が出るときも損失額は大きくなることが予想されます。

その他の仮想通貨もまだまだ黎明期であり、値動きは激しくなるでしょう。

 

中にはハッキングにより通貨が盗まれてしまったという事件もあります。「安全性」という面で見ても、仮想通貨はまだまだ進化の途中です

 

仮想通貨への投資は、価格の変動幅がとても大きく実績も少ないため、ハイリスクハイリターンの投資であると言えます。当たれば億万長者になれるかもしれませんが、その可能性は非常に初期に投資した人に限定されているとも考えられます。

ハッキングによるコイン損失などの安全面を考慮すると、リターンに対するリスクが大きすぎるかもしれません

 

仮想通貨への投資を考える際は、必ず余剰資金で行う事、なくなっても良い資金で取り組むことが重要になってくるでしょう。