50歳からの資産運用 資産運用 会社員はバイトと一緒!?経済的自由を得て脱サラする方法とは

会社員はバイトと一緒!?経済的自由を得て脱サラする方法とは

「いつかは脱サラしたい、でもどうしたらいいか分からない」
そんな方のために今回はサラリーマンでも出来る経済的自由を得る方法について考えていきたいと思います。
いつまでもサラリーマンを続けるしかない人と、脱サラして成功している人にはどんな差があるのでしょうか?
そこには「時間」と「お金」に対する、全く違う考え方がありました。

資産運用
最終更新日:2020年10月05日

「会社を辞めたい」

そう思いながらも、生活のために仕方なくサラリーマンを続けている人は多いのではないでしょうか。

 

「できることなら会社を辞めたい」「手元に大金があったらすぐにでも会社を辞める」

という人は決して少なくないはずです。

 

では、なぜ「嫌だ」「辞めたい」と思いながらも、サラリーマンを続けているのでしょうか?

それは、お金を得る方法についての知識が不足しているためです。

サラリーマンをいくら続けても「一生働き続ける」というループから逃れることはできません。

 

そこで、「いつかは脱サラしたい、でもどうしたらいいか分からない」という人のために、今回はサラリーマンでもできる経済的自由を得る方法について考えていきます。

 

 

一般的なサラリーマンが収入を得る方法とは

 

そもそも、私たち「社会人」はどんな資産を持っているのでしょうか?

それは、「時間」「お金」です。

 

持っているお金の量はもちろん人によって違いますが、「時間」は全ての人に共通です

 

一般的なサラリーマンの収入は、そのほとんどが会社の給料となっています。

「会社から給料をもらう」ということは、「あなたの時間を会社に提供すること」でその対価として支払われる給料を受け取っているにすぎません。

 

これは「時間の切り売り」に他ならず、やっている事は本質的にはコンビニやスーパーのアルバイトと何ら変わらないのです。

 

もちろん、学生時代のアルバイトでは時給が800円だったものが、社会人になると2,000円、3,000円、5,000円とどんどん上がってはいます。

ですが、本質的にやっていることは「時間の切り売り」なのです。

 

月から金まで働いて、夜や週末は飲みに行ってしまう。日々の仕事のストレスもあり、仕方のないことかもしれません。

 

ですが、こんな事を繰り返していては、あなたが嫌だと感じているサラリーマン生活は一生変わりません。

自分の時間を切り売りするばかりで、「お金」を有効活用できていないからです

 

こういった収入の得方では、あなたが時間を提供するのをやめてしまったら収入はなくなってしまいます

そのため、10年、20年、30年働こうと、いや一生働こうとも、あなたが「働き続けなければならない」というループから抜け出すことはできないのです。

 

 

脱サラを実現するサラリーマンのお金の使い方とは

 

一方、経済的自由を得て脱サラを実現するサラリーマンはどのような「時間」と「お金」の使い方をしているのでしょうか

 

彼らは、「お金」を運用に充てることで「お金」から「お金」を生み出しています。

 

経済的自由を実現し、脱サラを達成できるような、「お金」のセンスに秀でているサラリーマンは、「お金」をそのまま貯金でしておくなどという「もったいない」ことはしません。

 

「お金」を資産運用(投資)に回し、「お金」が「お金」を生むシステムを作り上げるのです。

そうすれば、あなたが会社を辞めても運用で収入を得ることができます。無理して嫌な会社にあなたの「時間」を切り売りする必要はないのです。

 

「死ぬまで会社で働き続けて、骨を埋めるつもりで仕事をするんだ!」という人以外は、絶対に「お金」で「お金」を生む資産運用(投資)をするべきです。

 

では、何に(どうやって)資産運用を始めたらよいのでしょうか?

ここでは個人投資家向けヘッジファンドをオススメしたいと思います。

 

 

脱サラを実現するために!個人投資家向けヘッジファンドとは

 

「個人投資家向けヘッジファンド」とは、あなたの代わりに運用(投資)のプロであるファンドマネージャーが資産運用を行ってくれるサービスです。

あなたが資産運用に関して素人であったとしても、手間ひまをかけることなく、プロと変わらないパフォーマンスを享受することができます

 

その利回りは特筆すべきものがあり、ヘッジファンドの一般的なパフォーマンスは年10~20%とも言われています。これは凄まじい結果です。

 

サラリーマンをしながら、堅実にあなたの資産を増やしていくには「個人投資家向けヘッジファンド」が最適でしょう。

個人投資家向けヘッジファンドは「私募」のため、基本的に対面での説明を必要とします。出資を検討している、あるいは興味のあるファンドが見つかった方は、まず問い合わせてみてください。

行動を起こすことこそが第一歩です。

 

************************************

当サイトでは、この他にも様々なヘッジファンドをランキング形式で紹介しています。独自の評価や解説も掲載しているので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめファンドランキングはこちら