50歳からの資産運用 資産運用 自由な人生を手に入れるには!会社に依存せず稼ぐ力を身につける方法とは

自由な人生を手に入れるには!会社に依存せず稼ぐ力を身につける方法とは

たった一度の人生を、自由に生きたいと思うのは決して特別なことではありません。
しかし、多くの日本人はサラリーマン生活を送る中で、会社に依存しある意味その人生を委ねてしまっています。
本当の意味で自立した人生を手に入れるにはどうすれば良いのでしょうか?
真の自由を手に入れるための方法を考えていきたいと思います。

資産運用
最終更新日:2018年12月10日

会社員は決して自由ではない

 

自由な人生を送りたい!

と聞くと、日本人の多くは「妄想の夢物語」「一部の大富豪に許された自分には関係のない話」と考えてしまうようです。

実際、日本人は世界で最も自由を感じていない国民という調査結果もあり、人生は自由にできるものではないという考えが広く一般的になってしまっているようです。

 

確かに世界的な大富豪や、石油王などの資産家のように、好きな時に好きなものが買え、自由に移動をして贅の限りを尽くすというのは中々簡単なことではないでしょう。

(彼らにも彼らなりの忙しさや不都合はあるとは思いますが・・・)

 

日本人の大部分を占める会社員は、生活の軸足を会社に縛りつけられており、自由に時間を使うことも、好きなところに行くことも、好きなことをすることもままなりません。

 

では、なぜ日本人は会社に縛られてしまいがちなのでしょうか?

まずは、戦後〜バブルの頃の日本経済から振り返ってみましょう。

 

 

一昔前までは大企業こそが幸せだった

 

一昔前までは社会的に”良い”とされるロールモデル(人生プラン)があり、多くの人がそれを目指していました。

「三高」という言葉に表されるように、高学歴・高収入・高身長がもてはやされ、有名大学を出て、大企業に就職し、終身雇用で定年まで働き続ける。

奥さんは専業主婦となって子育てに専念し、マイホームを建てる。

 

皆が同じように人生を送り、会社員勤めを全うしていく中で、人々の満足度もそれなりに高かったように思います。

 

なぜなら、当時は働いて安定的にお金を得るだけで、自由を手にすることができました。

本当にひもじい時代から比較すると、(決して高級なものではなくても)自分で好きなものを選んでご飯を食べたり洋服を決めることは、十分に自由だったと考えられます。

また、バブルの頃は、今よりも少ない労働時間でたくさんの賃金をもらえたため、自由に使い・遊ぶことができました。

 

そもそも会社員以外に働く方法がなかったため、閉塞感を感じることもなく、その仕事を全うしていたのだと思います。

 

ですが、時代は大きく変わりました。

今では、会社員が自由だと感じている人はあまりいないように思います。

 

 

選択肢が増え、やりたいことができる時代になった

 

2018年の現在、人々のキャリア(働き方)は大きく変わっています。

パソコン一つあれば、様々なアプリやサービスが開発できますし、起業のハードルも大きく下がりました。

YouTuberなどに代表されるような、新しい職業もどんどん生まれてきています。

 

自由に職業を選択し、また作り出すことで、そういった人たちは、お金の稼ぎ方や時間の使い方、人との関わり合い方まで、自分で考え選びながら人生を過ごしています。

 

もちろんそういった人たちにもそれなりの苦労はあるでしょうが、彼らの生き方こそが一つの自由な人生の形なようにも思えます。

それは決して、財力に頼って奔放に過ごすという意味ではなく、自分が考えたものを選択し調整できるという形の自由なのです。

 

「40代までに死ぬほどバリバリ働いてアーリーリタイヤして海外に移住する」などと人生全体をカスタマイズしている人もいるようです。

 

しかし、会社員だとそうはいきません。

平日の朝から夜まで会社に行かなければならず、仕事の内容も会社に与えられ、決められた部署のメンバーや取引先と、仕事をすることを強いられています。

長いキャリアの中で、収入(給料)もほとんど会社に決められてしまい、一気に稼いだり、休んだりと調整することもできません。

 

終身雇用制度であれば、60歳までの人生がすでに決められてしまっているばかりでなく、老後を年金で過ごすことを想定すると、その金額がある程度決まっているということは、どのような老後を送るのかも、会社に制約されている状態ということになります。

 

それでも、仮に収入が3,000万円も5,000万円もあれば、好きなものを食べて、大豪邸に住み、好きなところに出かけるといった”それなりの”自由を手にできたかもしれませんが、今の日本でそこまで羽振りの良い話は中々耳にすることもないでしょう。

 

これが、日本の会社員が自由を感じられない理由です。

こんなにも不自由な会社員にも関わらず、多くの日本人は、昔からの慣習でなんとなく大企業に就職することを目指してしまうのです。

 

 

会社員が自由を手に入れる方法とは

 

では、会社員が自由を手に入れるにはどのようにすればよいのでしょうか?

 

脱サラして起業したり、YouTuberを目指すしかないのでしょうか?

はたまた、最近流行っている「億り人」や「自由億」のようにビットコインなどで一攫千金を得るという方法もあります。

 

しかし、YouTuberにせよ仮想通貨にせよ、投機(ギャンブル)によって大きな利益を得ることには、相応のリスクが付きまといます。

結婚して家庭を持たれている方などは、こんなリスクをとった人生を送るわけにはいかないでしょう。

 

では、会社員は自由な人生を諦めるしかないのでしょうか?

会社に不必要に縛られない人生を手に入れるために必要なのは、会社に依存しない収入源を作ることです。

 

現代社会において、お金はなくてはならないものです。

その全てを会社に委ねてしまっているが故に、多くの会社員は会社に背くことも辞めることもできず、自由のない生活をただただ繰り返すだけの日々になってしまいます。

 

会社以外に収入を得るというと「副業」や、先ほど挙げた「起業」などが頭を過ぎるかもしれません。

個人でアフィリエイトサイトなどを立ち上げて、そこから収入を得る方法も悪くはありませんが、本職と同様に非常に大きな労力が必要になります。

 

会社員が、会社以外に収入を得る、最も簡単でおすすめできる方法は、やはり資産運用(投資)です。

 

 

幸せになるには自分で稼ぐ力を身に着ける

 

資産運用(投資)と聞くと、株式投資や不動産投資などが一般に思い浮かぶでしょう。

 

株について日々分析したり、不動産を調べること自体に興味があって、楽しめるという方にはそれもオススメかもしれませんが、こちらも継続的な勉強が必要なものであり、手を抜いて利益を得られるようなものではありません。

 

そこまで自分の時間を割けないという方には、ヘッジファンドでの運用がおすすめです。

 

ヘッジファンドとは、投資のプロに資産を預けて運用を代行してもらうという資産運用専門のサービス(企業)を指します。

投資の初心者であっても、運用のプロと変わらない成果を挙げることができます。

 

本業もあるし、残りの時間全てを投資の勉強に使うのは難しいという方は、プロにお任せするのが良いでしょう。

ヘッジファンドであれば、安定して年間5~10%程度の利回りが期待でき、続けていけばある程度の収入が見込めるはずです。

 

そのまま資産を蓄えて、独立や企業などを考えてもよいですし、資金の余裕を活かして好きなこと(趣味)に没頭してもよいでしょう。

運用に成功したからといって、会社を辞めなければいけないわけではありませんが、「会社から離れることもできる」という選択肢を手に入れることこそが、自由に生きるために最も重要なことなのです。

 

 

自由を手に入れるために、ヘッジファンドで運用する

 

ヘッジファンドに出資する方法は、主に以下の2つです。

・ヘッジファンドに出資している人(既存顧客)に紹介してもらう
・ヘッジファンドのホームページから問い合わせて詳細説明を聞きに行く

 

ヘッジファンドは「私募」のため、公に広告も出ていませんし、銀行や証券会社といった金融機関に行っても取り扱っていません。

既に出資をしているという知人がいれば紹介してもらうのが一番です。

 

金融業界などに勤めていればツテやコネなどもあるかもしれませんが、そうでない場合はヘッジファンドのホームページから問い合わせて、直接説明を聞きに行く必要があります。

 

そうは言っても「どんなヘッジファンドがあるのか分からない」という方のために、当サイトでは、国内の優良なヘッジファンドをランキング形式で紹介しています。

興味のある方は是非参考にしてみてください。

➡︎ おすすめファンドランキングはこちら