50歳からの資産運用 資産運用 要注意!サラリーマンが陥る危険な不動産投資とは

要注意!サラリーマンが陥る危険な不動産投資とは

サラリーマンでもできる投資としてメジャーなものの1つに不動産投資があります。
巷の情報では、副業として月々数十万円ものお金を楽に稼げるような印象を受けますが、本当にそんなおいしい話があるのでしょうか?
不動産投資に潜む危険性と、素人が陥りがちな失敗パターンについて考えていきます。

資産運用
最終更新日:2017年06月29日

 

サラリーマンでもできる投資の1つに「不動産投資」があります。

本やインターネットで調べてみると、「サラリーマン大家さんで月々40万円を稼ぐ」といった楽して簡単に稼げそうな内容のものを数多く目にすることができます。。

 

確かに、サラリーマンとして働きながら、副業として月々数十万円もの不労所得を手にすることができれば素晴らしいですが、本当にそんなおいしい話があるのでしょうか?

 

 

今回は陥りがちな不動産投資に潜む危険性と素人が陥りがちな失敗パターンについて考えていきたいと思います。

 

 

不動産投資が選ばれる理由とは

 

そもそも、なぜ不動産投資はサラリーマンの間でメジャーな投資方法なのでしょうか?

 

それには、「サラリーマンが不動産を買いやすい」という事が関係しています

基本的に、不動産は数千万円~数億円と高額な金融商品で、誰でも買えるという訳ではありません。

 

しかし、サラリーマンの場合は銀行からの評価が高く、借り入れをしやすいのです。

一部上場企業で勤続年数もしっかりしていれば、2~3億円借りられることも珍しくありません。場合によっては頭金を入れないフルローンでの購入も可能です。

 

つまり、銀行からの信用だけで不動産を購入する事が出来てしまうのです。

 

この「出来てしまう」というのが非常に危険なポイントです。

 

本来、不動産投資は、そのリスクの大きさから慎重な姿勢が必要なのものです。

しかし、銀行ローンによって安易に購入できてしまうため、軽い気持ちでスタートして痛い目を見ている人が多くなってます

老後の事を考えて購入したマンションで損失を出してしまうなんていう話はザラに耳にします。

では、具体的にどういった点に注意すべきなのでしょうか。

 

 

 

不動産投資が危険な理由とは

 

不動産投資の最も危険な点は、「多額の借り入れをしてしまうこと」です。

アパートやマンションを1棟買いしようものなら、億単位で借金をすることになります。

 

これは純粋に「借金」をしているのですが、不動産を買うとなると強気で借り入れを行う人がなぜか多くなってしまいます。

 

 

億単位の借金をして、マンションに人が入らなかったらどうなるでしょう? 毎月借金を返済するだけのマンションになってしまいます

いっそ売却してしまおうと思っても、買い手がつかなかったらどうなるでしょう? いつまでも負債を抱え続けたまま、抜け出すこともできなくなってしまいます。損をすると分かっていながら保有し続けなければなりません。

不動産投資のリスクは非常に大きいのです。

 

 

一方、リターンはどうでしょうか?

年間利回り、数%というのが普通なようです。良くても年間10%程度と聞きます。

 

以上のことからも、不動産投資は、リターンの割にリスクがとても大きいと言えるでしょう。不動産の目利きに余程の自信がある方を除いて、不動産投資は避けることをおススメします。

 

 

 

年間10%を目指すならヘッジファンドという選択肢もある

 

では、サラリーマンが資産運用を始めるにはどうすればよいのでしょうか?

 

年間10%程度を目指すのであれば、ヘッジファンドに預け入れる方法がおすすめです。

ヘッジファンドとは、資産運用のプロに資金を預けて代わりに運用してもらうというサービスです

 

運用はお任せで行えるので、本業の仕事に支障をきたすこともありませんし、貴重な週末を物件探しに費やす必要もありません。

中には、10%~20%の利回りを実現している非常に高いパフォーマンスを実現しているヘッジファンドもあります

 

ただし、一言で「ヘッジファンド」と言っても、その種類は様々です。少しでも気になるファンドが見つかったならば、まずはファンドに問い合わせをしてみるとよいでしょう。

当サイトでは、外資系投資銀行時代の人脈を生かして、信頼できるヘッジファンドを独自の評価によるランキング形式で紹介しています。興味のある方は、是非参考にしてみてください。

➡︎ おすすめファンドランキングを見る