50歳からの資産運用 資産運用 金持ち父さんに学ぶ、会社で働きながら経済的自由を手に入れる方法とは?

金持ち父さんに学ぶ、会社で働きながら経済的自由を手に入れる方法とは?

会社員をしている人の中には、月曜日が憂鬱だと感じる人も多いのではないでしょうか。
仕事を憂鬱だと感じる原因の一つは、会社の給与以外に収入がないからです。
今回は、ベストセラーにもなった『金持ち父さん 貧乏父さん』を参考に、経済的自由を得る方法を考えていきたいと思います。

資産運用
最終更新日:2017年10月20日

 

会社員をしている人の中には、月曜日を「憂鬱」だと感じる人も多いのではないでしょうか

 

会社から給料もらって生活しているから、気分が乗らなくても会社に行かなければならない。上司に何を言われても我慢して仕事をこなさなければならない。

 

会社に対してネガティブな気持ちを抱いてしまうのは、一言で言えば、会社の給料”以外”の収入がないことが原因です。

 

会社以外からも収入を得ることができれば、「最悪会社を辞めても平気だ!」という強い気持ちを持つことができますし、辞めないにしろ精神的に良いバランスを保つことができます。

 

経済的自由を得ることは、クオリティー・オブ・ライフ(QOL, Quality of Life)を高める上で必須であると言えます。

 

今回は、経済的自由を得る方法をベストセラーにもなった『金持ち父さん 貧乏父さん』を参考に考えていきましょう。

 

▶︎ 関連書籍
『金持ち父さん貧乏父さん』 単行本 – 2000/11/9 ロバート キヨサキ (著), シャロン・レクター(公認会計士) (著), 白根 美保子 (翻訳)

 

 

金持ち父さんに学ぶ「資産」とは

 

『金持ち父さん貧乏父さん』と言えば、言わず知れたベストセラーです。読んだことがあるという方も多いのではないでしょうか?

 

この本の中では「資産」を持つことの重要性が説かれています

会社の給料などから得た収入を、ただ日々の生活費に費やすのではなく、あなたにお金を運んでくれる「資産」に使うべきだとしています。

 

これは貧乏人のお金の流れです。

 

貧乏人の家計、働いても収入が支出へと消えていくばかりとなっていることが分かります。

これでは、いくら働いてもあなたの生活は変わりません。会社の給料という収入がなくなったら生きていけなくなってしまうため、永遠に働き続けなければならないのです。

 

 

一方、こちらが金持ちのお金の流れです。

 

 

収入を支出だけに使うのではなく、資産を買うことに使っています。そして、その資産から収入が生まれるという好循環となっていることがわかります

 

金持ち父さんによると、経済的自由を得るためには、あなたにお金を運んでくれる「資産」を持つことが必須であることがわかります。

 

ここで一つ注意したいのは、あなたにお金を運んでくれなければ「資産」とは言えません

 

そのため、”高級車”や”持ち家”を「資産」とは呼ばないのです。

同様に”預金”も「資産」とは言えません。現在の預金の利率は限りなく小さく、お金を運んでくる(増える)とは言い難いからです。

 

経済的自由を得たいなら、あなたにお金を運んでくれる「資産」を探す必要があります。

 

 

 

あなたにお金を運んでくれる「資産」とは

 

あなたにお金を運んでくれる「資産」とはどういったものなのでしょうか。

 

金持ち父さんは「資産」を得るための方法として「投資」「ビジネス」を挙げています。

しかし、会社員の方は、本業がありますし、自分がビジネスオーナーになるというのは難しいでしょう

 

そのため、会社員が経済的自由を得るためには、「投資」をして給料以外の収入を得るという方法が最適だと言えます。

 

では、何に投資をしたらいいのでしょうか?

 

もちろん、闇雲に投資をしてはいけません。

投入した資金が減ってしまっては意味ないですし、安定してあなたにお金を運んでくるものでなければなりません。

 

会社員をされている方にオススメの投資先としては、「個人投資家向けヘッジファンド」が考えられます。

 

 

あなたにお金を運んでくれる個人投資家向けヘッジファンドとは

 

ヘッジファンドとは、あなたの代わりに資産運用を行ってくれるサービスです

個人投資家は、資産をヘッジファンドに預け、運用のプロであるファンドマネージャーが代わりに運用を行います。

 

ヘッジファンドの中には、毎年10~20%の安定した利回りを達成しているものもあります。

さらに、運用はヘッジファンドにお任せでいいので、本業が忙しい会社員の方にも負担なく実践できます

 

手間をかけずに安定してあなたにお金を運んでくれるという点において、(個人投資家向け)ヘッジファンドは、あなたが経済的自由を得るための選択肢として最もオススメの選択だと言えるでしょう。

 

個人投資家向けヘッジファンドは「私募」のため、基本的に対面での説明を行っています。出資を検討している、あるいは興味のあるファンドが見つかった方は、まず問い合わせてみましょう。

 

 

************************************

当サイトでは、この他にも様々なヘッジファンドをランキング形式で紹介しています。独自の評価や解説を掲載しておりますので、ヘッジファンドに興味のある方は是非参考にしてみてください。

 

➡︎ おすすめファンドランキングはこちら