外貨預金

米ドル、ユーロ、豪ドル・・・外貨預金をすることで資産を分散させ、運用を行なっている人もいることでしょう。最近ではネット証券などのハードルも下がり、個人でFXをしている人も少なくないと思います。資産の持ち方としては意外と広まっている外貨預金ですが、資産運用の観点から見たときに本当にオススメできるような方法なのでしょうか。
このページでは外貨預金の性質や、その難しさ・リスクなどについて考えていきます。

外貨預金を理解する

誰でも簡単にネットで証券口座の開設などができるようになり、投資信託やFXが広く一般的なものとなってきました。合わせて、外貨預金をしている人も増えてきており、日本の資産についてもグローバル化が進んでいるように思います。ですが、その本質・性質についてきちんと理解している人はどの程度いらっしゃるでしょうか。まずは、外貨預金について基本的なことから順に解説していきます。

外貨預金は知らないと大損する?本当におすすめな資産運用とは 外貨預金て結局どうなの?リスク・デメリットを徹底解説

資産運用の観点から外貨預金を考える

資産運用という視点が考えたとき、今一般的になっている外貨預金やFXは果たしてどの程度有効なのでしょうか。世界の経済事情や各国の情勢が反映される為替の影響をダイレクトに受ける”外貨”について、その難しさや・危険性についてきちんと検討できている人はどの程度いらっしゃるでしょうか。このカテゴリーでは、外貨預金について、「資産運用」という観点から、メリットやデメリットなどを考えていきたいと思います。

知っておくべき外貨預金のマメ知識

広く一般的になってきたからこそ、外貨預金やFXにまつわる話は様々なものがあります。個人が資産を急激に伸ばしたような”気になる”話を耳にすることも少なくないですが、実際そのような話にはどのような裏があるのでしょうか。
なかなか知ることのできない、資産運用の裏側について、外貨預金にまつわる様々なお話を紹介していきたいと思います。