50歳からの資産運用 トータスパートナーズ Tortoise Partners(トータスパートナーズ)

Tortoise Partners(トータスパートナーズ)

日本株を中心に運用する私募型ファンド。バリュー投資を主な戦略とし、一部アクティビスト的な動きも見せる。
リスクを抑えることを重視ているにも関わらず、、年20%超の実績を安定して残している。
超一流外資系投資銀行出身であるファンドマネージャの経歴も申し分なく、今後も安定したパフォーマンスが期待できる。

トータスパートナーズ
ファンド
最終更新日:2019年08月29日

Tortoise Partners(トータスパートナーズ)

 

概要

■ 名称:トータスパートナーズ合同会社

■ 所在地:東京都港区三田3丁目4番地3

■ URL:https://tortoisepartners.jp/

 

サマリー

日本の未上場(非公開)企業の中から、黒字の隠れた優良企業に投資するファンド。投資先に高い付加価値を提供し、特に多くの中小企業が抱える後継者不足問題を解決することで、日本の社会的な課題解決にも貢献する。

外資金融機関、コンサルティングファーム、創業商社など、様々なバックグラウンドを持つメンバーで構成されており、市場(マーケット、日経平均)に左右されない、安定した運用が期待。

 

ポイント

☆ 未上場の優良企業に投資し付加価値を提供
☆ 日本社会の課題解決に貢献する高い社会性
☆ 日経平均(市場)に左右されない安定した運用

 

総合評価:4.58

専門性 安定性 収益性 社会性 流動性 将来性
4.6 4.7 4.7 4.8 3.9 4.8